銀行のおまとめローンにはどのようなメリットがありますか。

気がついたら複数社からの借入れが嵩んでしまって、毎月の返済のやりくりに苦労している、そんな方も増加している今日この頃、このような複数の借入れを一つにまとめてしまったら、月々の返済日も一つになり、精神的な負担もずいぶんと軽減されるに違いありません。

 

このように複数の借入れをまとめることを考えている方に人気なのが、銀行系のカードローンのおまとめです。

 

銀行のおまとめローンを選んだ場合のメリットについて調べてみましょう。

 

 

 

●返済プランが立てやすくなる

 

いくつものカードローンからばらばらに借入れを重ねてきた結果、月々の支払いも複数にわたり、その一つ一つを管理するために手間と時間がかかっている方も少なくありません。銀行のおまとめローンを利用して、これらを一つに束ねてしまうと、返済は月一回だけになりますので、精神的にゆとりが生まれます。返済が一つにまとめられることにより、収入と支出の管理も行いやすくなり、結果として完済までの道のりが今よりも容易くなります。

 

 

 

●金利が今よりも低くなる

 

おまとめローンのまとめる主目的は、金利を低くすることにより、返済総額を減額することにあります。おまとめローンに関しては、通常のカードローンよりも金利が低く抑えられているものがほとんどです。その中でも銀行のおまとめローンはさらに金利条件が良いものとして知られています。金利を今よりも少しでも低くすることが目的であれば、銀行のおまとめローンを選ぶべきといえましょう。ただすべてのおまとめローンの金利はそれぞれの会社によって、また金額によって規定されていますので、ご自分の借入れ状況に沿ったプランをよく吟味するようにしてください。

 

 

 

●銀行のおまとめローンは総量規制の対象外です。

 

 

 

消費者金融のカードローンは、通常のものであれ、おまとめであれ、総量規制の対象となり、利用者の年収の3分の1以上の貸付は法律で禁じられています。しかし銀行は貸金業法ではなく、銀行法によって運営されていますので、この総量規制が適用されません。したがって、年収の3分の1以上の借入れも可能ですので、総量規制が気になる方は銀行のおまとめにしたほうが良いといえます。


このページの先頭へ戻る